今日のウイグルの悲劇は明日の日本か?

「今日のウイグルの悲劇は明日の日本か?」(正しい歴史を伝える会 桂和子代表 中津川ひろさと顧問)文京シビックホールで早朝より開催されたが立ち見席ができるほどの賑わいでした。
ウイグル問題、つまり中国の暴力的な覇権主義と、はかり知れない恐怖を多くの日本国民が気づき始めているのです。
桂和子代表司会 中津川ひろさと挨拶で始まり、イリハム マハムティ氏(世界ウイグル会議全権代表)
グリスタン エズズ氏(ウイグル人女性)から中国人によるウイグル人へのジェノサイド(大量殺害)の生々しい話が続く!
そして坂東忠信氏から「佐川急便は北斗(中国製のGPSが入っている電気自動車)を7200台購入するが、日本人の個人情報が盗まれる可能性が大」と指摘された。
という事は、佐川急便を利用しない日本国民が当然増えるだろう‼️
中身の濃い時間でした‼️