「経済」と「命」どちらが大事でしょうか?

何度でも言います。
中国のウイグル人100万人以上の大量虐殺、生きたままの臓器取り出し、強姦、強制収容所での洗脳教育は絶対に許せません。
しかし日本の政治家は中国に及び腰で、政府は未だに中国のジェノサイド(大量虐殺 集団殺戮)を認めようとしません。
中津川が国会時代もそうでした。中津川は孤軍奮闘で法輪功学習者から生きたままの臓器を取り出し臓器移植をしている事実を追及してきましたが、他の議員は相手が中国だというと全員が逃げてしまいました。
中国経済に頼る日本は中国に何も言えない国になってしまったのです。
「経済」と「命」どちらが大事でしょうか?
しかし日本のマスコミも動き始めました。本日産経はトップ記事で取り上げました。先日あのNHKですら中国批判を始めました。
皆さん、
4月18日10時半〜文京シビックセンターでお会いしましょう!