手のひら返しの「非難声明」

日本のマスコミによる度を越した森喜朗氏批判は世界に発信されました。
直ちに五輪放映権を持ち、絶大な力を持っている米国NBCが「森喜朗氏辞任しろ!」と表明すると早速IOCも手のひら返しの「非難声明」、大会スポンサーも次々と批難声明、海外メディアも森会長辞任の世論を作りました。
皆さん、オリンピックは米国NBCに牛耳られているといっても過言ではありません。
小池都知事が当初格好良く(大体この人はいつもパフォーマンスで実行力なし)「お金のかからない東京五輪」として7600億円の予算でしたが、2兆7200億円に膨れ、大会延期費用3100億円も追加され、3兆1400億円になろうとしており、この額はとうてい収集不可能です。
更に「日本は五輪招致活動で多額の買収資金が動き、仏検察がこの件で捜査に入った事もある」等、今の時期に全く関係ない日本叩きまで飛び交いました。
さて本日、橋本新会長が就任されました。
勿論頑張って欲しいのですが、無観客試合になったら、IOCは全ての責任を日本に押し付け、日本に費用負担を求めてくるでしょうし、参加企業からの補償金返還問題も生じるでしょう、そんな時果たして橋本さんがその大役をこなせるかどうか大変不安で危惧しております。
オリンピックは最早「平和の祭典」ではありません。お金まみれの「金権五輪」となってしまいました。
こんなオリンピックは不要です‼️