主婦達の怒りの声をたくさん頂きました。しかと承りました。

「ねえ、年金が減り続け、一体あたし達はどうやって生きていけっていうの?」
「政治家なんか選挙の前だけ良い事言うだけでしょ、信用しないわよ!」と主婦達の怒りの声をたくさん頂きました。しかと承りました。
予想以上でした!
中津川は昨日の街頭演説で久し振りに国民の大きな政治への憤り、不満と不信を痛烈に実感したのです。皆さんの怒りは与党野党国会議員全員に向けられています。
それはそうです、コロナ禍で庶民は生きるか死ぬかの日々を送っているのに、国会では居眠り、揚げ足取りの質問ばかり、、。
おまけに国民には厳しいお願いをしておきながら、国会議員達は夜の銀座ではしご、発覚してもまだ議員辞職していない面々もいる始末です。
危機的状況なのに、「コロナ終息まで自分は給料返上しても仕事に精出す!」と進言する国会議員が一人も出て来ないとは実に情け無い!
「日本を今一度洗濯致し候」と日本の為に命を捧げ、「覚悟」のある日本派の国会議員になりたいと強く思う‼️