篠崎駅街頭演説!

篠崎駅街頭演説!
中津川は国会で孤軍奮闘、中国「臓器狩り」というショッキングな世界的な大問題に取り組んできました。
それは、ウイグル人やチベット人や法輪功学習者達の生きたままの臓器を取り出し日本などたくさんの世界各国の人達に臓器移植し、巨富の財を成した江沢民 故薄熙来を絶対に許すことはできません!中津川は2000年初当選以来、一人でこの問題に取り組んできました。多くの他の議員に声掛けしましたが、全員尻込みされました(笑)
中津川と情報交換していたカナダのマタス弁護士、元国会議員ギルガーさんが中国に入り調査して「臓器狩り」の事実が判明しました。この二人はノーベル平和賞候補になりました。米国始め世界各国の国会で「中国非難決議」が採択されましたが日本の国会だけは議論さへもしない、全く情け無い話です。
マスコミもスルー、皆、相手が中国なので尻込みしているのです。腹が立ちます。自民党もそうですが、普段「人権 人権 人権」と訴えている立憲民主や共産や社民は口を閉ざしているのを見ると言行不一致の彼らの実体がわかりました!
何もしない日本政府は来春、この反人権国家「中国」の習近平主席を国賓として招待したのですから呆れてものが言えません!
中津川は断固反対です。
天皇陛下と謁見させるなどとんでもないことです!
マスコミもきちんと真実を報道しなさい❗️