映画「空母いぶき」総理役の佐藤浩市にまた新しい事実が判明❗️

また新しい事実が判明❗️
映画「空母いぶき」総理役の佐藤浩市が「絶対にやりたくない役柄だから、総理はストレスに弱くすぐにお腹を下してしまう設定に変えた。だからトイレのシーンでは個室から出てきます」と安倍総理を揶揄するような発言に、「潰瘍性大腸炎(難病)の患者さん達に謝罪しろ!」と非難轟々(ひなんごうごう)の嵐の中、また新しい事実が判明しました。実は映画「空母いぶき」は原作とは違うのです!
原作は中国の侵略に現憲法下で自衛隊が必死に戦い撃退させますが映画では日本が中国に助けられるのだと(笑笑)
全くふざけた話です!
観る意味がありません💢

この映画は原作改変の超駄作。
なぜか中国が助けに来る超展開の駄作でした💢