「スパイ防止法」ご存知ですか?

「スパイ防止法」ご存知ですか?
中津川はこういう映像を見るにつけ、スパイ防止法の必要性を痛感します。

それにしても従軍慰安婦という作り話、嘘八百をテレビの前で見事に語る吉田清治、それをあたかも事実だとと報道する朝日新聞社始めマスコミ各社(十数年経ち、朝日新聞社長はこれは作り話だと認め全面謝罪した)、そして悪乗りして、便乗するヘンテコな政治家福島瑞穂等もスパイ防止法の捜査対象になります!

実は日本はスパイ天国です。皆さん方のの身近に普通の生活をしている北朝鮮や中国からのスパイがウヨウヨいるのです。人の好い日本人はほとんど気づきませんが(拉致実行犯然り)さらに恐ろしいことに皆さんが選んだ国会議員(地方議員も含む)の中にもスパイがいるといわれています。まさか、と思われますか⁈

とにかく、もし日本にも、世界のどの国にもあるこのスパイ防止法というものがあったならば拉致被害者はこれ程出ませんでした。
それなのに政府自民党も野党もスパイ防止法制定を全くやる気がありません。実は全ての政治家はスパイ防止法の必要性を認識していますが話題にすることをタブーとしているだけです。触りたくないのです!スパイ防止法が制定すればたくさんの政治家に嫌疑がかけられることもあるし、対中国、対北朝鮮外交にも決定的な影響を与えることにもなりますから!

だからこそスパイ防止法は日本国民の生命と財産を守るために絶対必要なのだと中津川ひろさとは訴えております!

命がけで取り組む覚悟です