日本のマスコミは、、、。本当に!全く!

日本のマスコミは、、、。本当に!全く!

親しい男性週刊誌記者に、「あなた方は、片山さつき大臣の100万円口利き疑惑を連日大騒ぎしているが、立憲民主党の辻本清美議員が関与し、戦後最大の疑惑事件と言われる関西生コン事件については何故報道しないのですか?」と聞いたところ、「与党だからです。野党の話題はね~、、」とさらりと本音で答えた。テレビ局も新聞もほぼ同じ考えである。つまり日本のマスコミはとにかく与党をたたき、与党の揚げ足取りだけが仕事だと思い違いをしているから国民には正しい報道がなされていない。都合の悪いものや、関わりたくないものを報道しない自由を楽しんでいるかのようだ。

逮捕者16人(これはオウム並みの大事件)を出した関西生コン事件はほとんど東京では報道されないが北朝鮮との深く長い癒着、金銭授受に辻本議員が関与していると関西では一部大きく報道されたがマスコミは決して深く入らず、逃げている!
結局、偏向報道だけがテレビから流れる。

今の電波法の下で、殿様商売をしているテレビ局、放送法を改正し、オークション制度の導入の必要性を痛感します!