日本のアマチュアスポーツ界は全く腐りきっている

オリンピック有力候補である体操の宮川選手(18歳)が大変勇気をもって協会へのパワハラ批判をしたが、国民は絶賛!同時にレスリング、ボクシングに続き、体操協会よ、お前もか!と、、国民はあきれ返っている!。日本のアマチュアスポーツ界は全く腐りきっている。

事の発端は宮川選手ヘ、コーチが体罰をしていると第三者が協会に告げ、それを受け協会がコーチを無期限登録抹消処分とした。しかし宮川選手は「暴力ではなく、気合を入れてもらうため」「速水コーチを信頼し、一緒に東京五輪を目指し、金メタルをとりたい」と語り、処分の撤回と地位保全を求める仮処分を東京地裁に申し立てたのだ。

宮川選手とコーチの信頼関係を壊そうとする体操協会は決して許されない。さらに、協会幹部の塚原千恵子強化本部長が強圧的態度でふたりを脅したともされる。本音は塚原本部長が二人を離して、宮川選手を朝日生命に入れるためだった、らしい。

レスリング、ボクシング、体操とも協会は体制維持のためにあるのでではなく、アスリートを最優先に考えなければならない、のは当たり前だ