5/12 コラッ、日本のマスコミ、不公平だろ!! 疑惑の総合デパート立憲民主党だが、そのたくさんの疑惑を一切報道しようとしないから一定の支持率を保っている。

二重国籍で当選した蓮舫は本来公選法違反で逮捕されても良いのにまだ議員にしがみついている。この人は台湾出身だが台湾では人気がない、中国ではスター扱い。こんなのが議員でいれば日本の安全保障上、大問題である。国の大事な情報が洩れる懸念があるから。  性犯罪者初鹿はいまだ公式謝罪会見を開かず、地元の駅でビラ配りをし、戸別訪問までし、地元で大顰蹙を買っている。余罪のうわさが広まっているが、もうこれ以上の被害者を出してはいけない!同種の青山の件もウヤムヤのまま。代表の枝野は公安の監視団体革マル系の団体からの多額献金、辻本は戦後最大?といわれる生コン疑惑、ガソリーヌ山尾は不倫相手の弁護士が例の「子供連れ去り」で、何の罪もない元妻を泣かせている。小川は元祖DVでかってマスコミをにぎわした云々

SNSの普及でFBやツイッターを見てる人は様々な情報が入り自ら判断できるが、情報弱者と呼ばれる年配者、主婦、いわゆる一般人はテレビから流れる情報をそのまま信じてしまう傾向がある。そもそも今のテレビ局はNHKをはじめかなりの偏向報道であるのに!

そこでである。日本のテレビ局が何故偏向報道をするのか?何故テレビ局が第三の権力などといわれるほど力を持ってしまったか?何故くだらない番組ばかり放映するのか?

それは今のテレビ局が大変な既得権を持っているからだ。ただ同然で電波の権利をを買い占めている。日本以外すべての国で行っている「電波オークション」をやっていないからだ。「電波オークション」をやれば4千憶~1兆円のの収入も見込める。そうすればテレビ局の競争が始まり質の良い番組もつくられるだろう。正しい報道も行われるだろう!この課題に、私は取り組む覚悟です!