9/12 中津川ひろさと、今朝は葛西駅地下鉄博物館口からスタート。小雨降る中、多くの人が会釈をしてくれた。中津川ひろさとと赤いスカーフが有権者に浸透している。「先生の講演会出席します」と言う方もおられ日頃の街宣活動の効果を実感する!

中貴会の中村君も参加

中貴会の新田君も参加

前原新体制で民進党崩壊へ!!共産党に土下座をして選挙協力を求める姿は何とも情けない。
【ところで民進党前代表蓮舫は公選法違反、経歴詐称で当選無効なのに未だに議員辞職していない。今、お騒がせの山尾議員よりその罪は重い。本来逮捕されても不思議ではない。】

民進党は共産党の補完勢力になりつつある。ここ東京16区でも共産党の候補者を立てず民進党のお騒がせ議員を全面支援するという噂が蔓延している。ある共産党員もそれを否定してない。

日本共産党は破壊活動防止法調査対象団体(オウム真理教と同じ)で実に恐ろしい党であることをマスコミは国民に一切伝えない。実はマスコミが持ち上げたシールズも共産党の支援団体だったことを未だに明らかにしない。多くの国民は共産党は清潔な団体だと錯覚しているが、日本古来の文化伝統芸術を破壊し、また天皇制までも廃止し自衛隊までを解体する事を目標にしている。こういうマスコミの責任は実に重い。従軍慰安婦をでっち上げ英雄気取りでテレビ出演していた鳥越俊太郎は未だに謝罪をしないどころか都知事選に出て大恥をかいてもまだちょこちょこテレビに出て偉そうにしている。田原総一郎に至っては「北朝鮮のミサイルは挑発や暴挙ではない。米国への抗議のメッセージだ」と、、、呆れかえって物が言えない。

 

何の責任も取らないコメンテーターや評論家をのさばらせ、日本のマスコミは日本国民を洗脳し愚民化している。しかしSNSの発達により日本国民は今、確実に賢明になっている。