8/5 「今一度日本を洗濯致し候」(坂本龍馬)中津川ひろさと、日本の新しい夜明けを起こす決意を固めた。

国会議員の使命は「国民の生命と財産と領土を守る」「自らを律し、税金の無駄遣いを無くす」ことだ。

第三次安倍改造内閣には拉致問題解決、中国の領海侵犯、そして安倍総理の悲願である憲法改正への取り組む姿勢が全く見えない。
野田聖子総務相は就任直後「首相とは歩みがだいぶ違うので来年の総裁選には出馬する。」だと。これは倒閣宣言に等しい。従軍慰安婦を認め謝罪し談話を出した河野洋平氏の息子、河野太郎外相までも起用しなければならなかった安倍首相はかなり追い込まれている。

それにしても無能な稲田前防衛相が離任式におけるあの英雄気取りのセレモニーは一体何なんだ。天然キャラも甚だしい。彼女は日報問題の真実を国民に説明する事なく逃げた。戦後最悪の防衛大臣と言っていいだろう。折しも、このタイミングを見図り北朝鮮はEEZ内に弾道ミサイルをぶち込んだ。アメリカが完全に射程距離に入った。日本もいつ攻撃されてもおかしくない。

この時期に野党もモリ・カケ蕎麦問題を引っ張るだけで国防や安全保障の政策論議を全くしようとしない。税金の無駄遣い極まりである。マスコミにしても視聴率稼ぎの偏向報道を流し国民に正しい報道をしていないのは嘆かわしい。

 

私は国会議員の使命は「国民の生命と財産と領土を守る」「自らを律し、税金の無駄遣いを無くす」ことだと改めて認識し、近々「日本の安全保障と北朝鮮の未来は?」の講演会を開催する予定だ。奮ってのご参加をお待ちしております