6/30 中津川ひろさと今、大払いを終えました。上篠崎浅間神社にて夏越の「茅(ち)の輪くぐり」をしてきました。「茅(ち)の輪くぐり」とは日本古来の伝統神事で半年間の病と穢れを落とし残りの半年間を無事にすごせるよう願うことです。

皇室弥栄、天下泰平、国家安寧、子孫繁栄、五穀豊穣を祈願!

にぎやかな夜店に子供達がいっぱい。

子供の頃の懐かしい想い出がこみ上げる。

どこに行っても中津義塾の塾生、親そして子供に出会う。しばし昔話に花が咲く。