6/18 中津川ひろさと、江戸川区倫理法人会設立30周年記念式典・講演会(タワーホール船堀)に出席。中津川ひろさとは二代目会長を八年間務め60社弱の会員を倍増させた事は語り草になっている。

二代目会長として代表挨拶、万人幸福の栞(しおり)を読み上げる。万人幸福の栞(しおり)とは1.今日は最良の一日、今は無二の好機 【日々好日】2.苦難は幸福の門 【苦難福門】3.運命は自らまねき、境遇は自ら造る 【運命自招】4.人は鏡、万象はわが師 【万象我師】5.夫婦は一対の反射鏡 【夫婦対鏡】6.子は親の心を実演する名優である 【子女名優】7.肉体は精神の象徴、病気は生活の赤信号 【疾病信号】8.明朗は健康の父、愛和は幸福の母 【明朗愛和】9.約束を違えれば、己の幸を捨て他人の福を奪う 【破約失福】10.働きは最上の喜び 【勤労歓喜】11.物はこれを生かす人に集まる 【万物生々】12.得るは捨つるにあり 【捨我得全】13.本を忘れず、末を乱さず 【反始慎終】14.希望は心の太陽である 【心即太陽】15.信ずれば成り、憂えれば崩れる 【信成万事】16.己を尊び人に及ぼす 【尊己及人】17.人生は神の演劇、その主役は己自身である 【人生神劇】以上17か条

 

「倫理活動は政治を超えたもので政治家が利用してはいけない」という中津川ひろさとの固い信念から政治家になってから役職を返納した。政治家が入っている倫理法人会はごちゃごちゃになり上手くいっていない例が多い。

現会長小林良子氏は勇気があり素晴らしい。今までの江戸川区倫理法人会の膿を出し切った。

小林会長の笑顔は天使のようであるという評判で性格が明るく前向きな姿勢を中津川ひろさとは大変評価している。

行徳哲夫氏は私の恩師。同じく友人の下村博文氏も国会議員になる前から行徳先生に師事している。私が国会在任中、行徳先生を囲み弟子の松岡修造ご夫妻、秋元康、下村博文、中津川ひろさと他で食事をしていた頃が懐かしい。松岡修造氏は奥様の尻にひかれているように見えたが(笑)今は時の人になり、また秋元康氏もおニャン子くらぶの子供版を作る言っていたが、あっという間にAKBを作り世に大ブームを起こしてしまった。行徳先生の影響力は政財界でとても大きい。

会場は満員

久しぶりに中貴会メンバーの青木二郎君とツーショット。

Facebook友達の遠藤正雄さんが挨拶に来られる。意気投合!

メインテーブル、会話が弾む。

須賀章夫、えり子ご夫妻とスリーショット。

Facebook友達の石川恵美さんと会場入口で。

式典・懇親会が盛会裏に終わり感無量の小林良子会長をねぎらう中津川ひろさと。

歴代会長

式次第