12/16 中津川ひろさと、今朝は船堀駅で駅頭活動を行う。今年一番の寒さだった。

船堀駅南口

慌ただしく改札口に向かう沢山の通勤客達が政策ビラを受け取った。

年金問題の質問に答える中津川ひろさと。

いつも激励してくれる御婦人達。これから、デニーズのモーニングセットを食べに行くとの事。

FB界のプリンセス小室裕香さんも出勤途中。

18歳の高校生が政治に関心を持ち、話かけてきた。

若い女性も政治に関心を持っている。

土建の友人にも声をかけられる。

田中けん前区議が参加

新界君も参加

日本維新の会学生局学生部東京支部長の佐々木涼太君が研修で参加。明日、13時よりここ船堀タワーホールで「若者が起こす!日本維新!」が開催される。中津川ひろさとと佐々木涼太君が講演する。

街宣車から中津川の政策の訴えが流れている。

駅頭後、中津川が率先して看板、旗等の撤収を行う。

安倍総理意気消沈。1月解散、2月総選挙が出来ず?

15日の産経新聞のトップ記事が「衆院解散1月見送り来秋以降に」(しかし、読売始め他紙は全く触れていない)、、、。産経新聞は何かにつけ特ダネっぽくよくこのような手を使うが、今までもあまり的中したことはない。しかし、官邸筋が産経新聞を使って総理の意向を流し、世間の様子見を伺ったのは事実だろう。

昨日の日露首脳会談はプーチンが大幅な遅刻をして来日した。スタートから日本を軽視した、というより安倍総理を完全に見下した。鳴り物入りの日露首脳会談の結果が「特別な制度下のもと共同経済活動で合意」だと、、、。ロシアは日本に4島返還どころか2島も1島も返す気は無し、、、。
安倍総理の甘い見通しが露呈された。

安倍総理の悲願は憲法改正、北方領土問題解決だが今、二つとも実現できそうにない現実に直面し、悲嘆にくれている。しかも、前日に都議会公明党が都議会自民党と決裂したことも、大ショックだ。都議会公明党は当然、事前に公明中央執行部に連絡をとり了承を得てのことだ。自公連立の国会運営と次期衆院選にも大きな影響を与えるだろう。

 

日本維新の会、小池希望の塾、他の改革保守勢力との連携もさらに進み、実績を出せない自民党、安倍政権の人気に陰りが見えてくる、、、。政治は非情な世界だ。結果が出ないと国民はすぐ離れていくものだ。