10/16 いよいよ蓮舫逮捕か?

敬愛する西村幸佑氏がそう厳しく指摘しているが、この二重国籍事件がいよいよ最終局面を迎える。

蓮舫は確かに私の知る限り、こんなに性根の悪い、悪質の国会議員は日本政治史上始めてだが、だからといって自民党の二重国籍者(まだいるらしい)は自民党議員だから、あるいは国籍放棄の手続きをしているから許されるというわけにはいかない。二重国籍者は二重国籍者であり全く同罪で議員辞職というより二人とも本来当選無効である。

そもそも、今回は自民党の巧みなやり方で蓮舫だけを生贄にしようとして自民党は逃げに回った。つまり、台湾は日本と国交がないから、国ではなく国籍条項云々が当てはまらないというのである。つまり、金田法相は台湾は中国の一部だと堂々と国会で証言したようなものである。こんな時にだけ台湾を利用するな、私は台湾は立派な主権国家であると国会でも一貫して主張してきた。不愉快千万だ。

「以下、山際氏の投稿より引用」
この際、蓮舫が確信的な二重国籍であったことで国益がどのくらい損なわれ、国家機密は漏洩しなかったか?を検証する必要がある。また、他にも二重国籍者はいるのか。違法ではないが、帰化人国会議員はどれくらいいるのか?
何故、二重国籍取得が可能であったのか国民に明らかにする必要がある。国民の知らないところで、二重国籍者や帰化国会議員が国会を占拠することのない仕組みを構築することが必要だ、、、。「以上」中津川も全く同感。

とにもかくにも自民党も民進党も一日も早く二重国籍者の議員を辞職させ、その後に速やかに法改正をすべきである。

「以下は西村幸佑氏の投稿より引用」
村田蓮舫国籍疑惑は、安全保障上の重大問題
議員辞職は必至
どう考えても、村田蓮舫民進党代表は、国籍法違反、旅券法違反、経歴詐称の公職選挙法違反で議員辞職は必至だ。逮捕も考えられるのではないか?現在、日本国籍がないのではないか?安全保障上の重大問題でもある。
金田法務大臣の昨日の会見 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000115-jij-pol では、現在も彼女は台湾籍だ。