9/10 中津川ひろさとは早稲田大学時代から学習塾「中津義塾」を開き江戸川区ナンバーワンまで育て、板橋区では下村博文氏が「博文進学ゼミ」を私と同規模まで発展させた。彼とはライバルであり盟友でもある。それぞれの教え子たちが社会の第一線で活躍している姿は塾長冥利につきる。フラメンコ教室を経営している森山みえさんもその一人だ

森山みえさんが中学時代、小岩にある私の経営する塾に通っていた。芯があり聡明な美しい女の子だった。その森山さんが小岩でフラメンコ教室を開いていることをFBで知った。本日、江戸川区総合文化センターで満席の観客に質の高い感動的な踊りを披露した。終了直後誰一人立ち上がろうとしなかった。森山さんの成長が素晴らしかった。

フラメンコは美容と健康に一番である。今、主婦の間にも広がりを見せている。フラメンコの持つ「情熱」を日本人も日常の中に体感したいのだろう。

開始前の会場風景

一部はフラメンコの踊りが次から次へと13曲連続で披露され、すごい迫力、美しい。二部の項羽と虞美人はまるでミュージカルを見ているようであった。ギター、カンテ、パーカッション、二胡が見事に雰囲気を盛り上げる。フラメンコは踊りだけのイメージであったがミュージカル風に創り上げた森山みえさんの創作力と演出力は大変なものだ。初めての体験だった。