7/6 中津川ひろさとに頼清徳台南市長(日本では県知事に相当)より台湾南部地震での義援金へのお礼状が届く。頼清徳氏と中津川は盟友で大の親日家である。次期民進党総統候補に有力視されている。

日本の皆さんの浄財を台北駐日経済文化代表所に預け、それを台南市に届けていただいた。

4月20日、台北駐日經濟文化代表處、陳調和副代表にお届けしました。

2011年7月25日、中津川ひろさとを団長とする国会議員が台南政府を訪問。右から、頼清徳 台南市長(日本の県知事に相当)、中津川ひろさと、賴美惠 台南市議会議長

 

大の親日家、奇美グループの 許文龍 代表取締役会長と中津川。

台南市と日本の永遠の友好を誓い協定書を交わす。

翌朝、台湾の新聞に大きく取り上げられる。

実は3・11後に中津川とは古い友人の 頼清徳 台南市長(日本では県知事に相当) 率いる300名が震災で冷え込んだ日本観光を応援しようと来日してくださった。中津川と石井あきら衆議院議員(当時、現参議院全国比例区候補者)、平山たいろう衆議院議員(当時)で成田でお迎えをさせていただいた。このご恩は中津川ひろさとと日本国民は永遠に忘れない。