6/28 大英帝国崩壊の兆し、、、投票の結果を見て初めて英国民は慌て、将来の不安に怯える。

キャメロン首相五つの大罪
英国の行く末を保身のためにリスクの高い危険な国民投票にゆだねた。リーダーシップの放棄。

EU離脱の際の、その方策を全く考えていなかった。

EU離脱決定後の辞職表明は一見潔く見えるが責任放棄。イギリス国内の混乱と世界経済混迷を引きおこした罪は図りしれない。

保守党内部を全くまとめきれていなかった。離脱派のボリス・ジョンソン前ロンドン市長は首相狙いのために2月に突然離脱を宣言した男だが今回の投票前の演説で大嘘をついたことを認め謝罪し世界で大騒ぎになっている。嘘の内容とは週当たり480億円を国保に充てられると訴えていたが実際は週当たり170億円であった

政府は英国民にEUに関する正しい情報を開示し、説明してこなかった。

 

今、再投票を求める請願書が320万という異常な数字になっているが10万以上の請願が集まれば議会で討議することになっている。EU離脱に投票した人も解らず投票し、本音は残留希望だったという人が半数以上いるらしい。いずれにしてもEU離脱があるとしても二年先のことであるが、その間何が起きるかわからない。私見だが、議会が解散され、再投票をスローガンに選挙をし、その結果で再び国民投票が行われる可能性があるように思う。