3/24 中津川ひろさと、乙武氏(参議院選自民党公認予定候補)のスキャンダルが週刊誌で取りざたされているが自民党の現職議員達の気の緩みも日々加速している。結果として安倍政権の足を身内が引っ張っている。困ったものだと思う。

今、日本の政治の地殻変動が起きつつある。山際澄夫氏の指摘、「民主、共産、(偽維新)も野合連合だが、憲法観が違う自公も野合だ。そこで、日本の心やおおさか維新の会(日本維新の会)が高々と旗を掲げ支持を結集する術はないだろうか。政治はいつまでも野合では困る。」は正論だ。自民党だけが数で異常に突出し、健全野党が存在しないことは日本国民にとって良いことではない。私はその意味でおおさか維新の会(日本維新の会)とこころの躍進を期待している。