2/20来春の消費税増税は凍結すべき。昨年10~12月期の国内総生産(GDP)は実質で前期比0.4%減、年率では1.4%減と2期ぶりのマイナス成長になった。個人消費、輸出が振るわず日本経済は足踏み状態にある。デフレ脱却を目指した(アベノミクス)に黄色信号が灯っている。来春の消費税再増税が実施できる環境には程遠い。