12/16 石井よしあき候補の突然の出馬にもかかわらず大勢のボランティアの方にお集まりいただき誠にありがとうござました。石井さんは次世代の党から公認を受けたこと、立候補できたこと、西村先生、私中津川、山田先生、田母神閣下、デヴィ夫人、に応援演説を賜ったこと等、男冥利につきますとFBで語っています。

この度は、石井よしあき候補に絶大なるご支援をいただきながら厳しい結果となりました。石井さん本人と田母神俊雄さんから私、中津川に東京16区で出馬したいとのお願いがあったのが僅か公示一週間前。中津川は石井さんに「何故出馬?」と聞いたら田母神俊雄を国会に送るため、比例票上積みのため当選云々より特攻隊精神で討ち死に覚悟で戦いたいんですと言った。その日本を守るための闘う男の心意気に中津川は動かされ、選挙事務所、ポスター、ビラ、選挙カー等の協力をさせていただいた。こんな慌ただしい選挙は今まで一度もなかった。しかし、この選挙区では全く無名の石井よしあきさんは、真っ直ぐに、愚直に、正直に有権者に政策を訴え続けた。その真摯な姿は感動的で多くの人が足を止めた。そして何よりも多くのボランティアの皆さん達に石井さんは支えられた。自分の選挙で大変なのに田母神俊雄氏、西村慎吾氏、山田宏氏も応援に駆け付けてくれた。デヴィ夫人にも3日間江戸川に張り付いていただいた。中津川ひろさとも息子の中津川まさあき江戸川区議も我がことのように全力で支援させていただいた。

皆さん本当に本当にありがとうございました。次世代の党の政策は良識ある日本国民に共感されましたが、時間が短いため、日本国中に広がらなかったということだけです。私、中津川の支援者が維新の候補者に間違えて入れてしまったという報告もあり、日本維新の会が東京中心の次世代の党と大阪が中心の維新の党に分かれたということも一般国民はほとんど認識していませんでした。

とにもかくにも、

日本の行く末を想い、自主憲法制定、毅然たる外交、道徳教育の復活を正々堂々と掲げた次世代の党の精神を、中津川はしっかりと受け継ぎ次の参議院選挙で闘います。引き続きご支援ご叱咤、何卒よろしくお願いします。