8/8 朝日新聞と河野洋平氏の国会招致は当然。

 

日本国民のこの憤りに日本政府と河野洋平氏は国民に誠実に応える必要がある。吉田清治氏の虚偽の証言(済州島で朝鮮人を強制連行し慰安婦にした。)を裏も取らずに取り上げた朝日新聞は30年間、日本の国益を害し、日韓関係をこんなにも悪くした。朝日新聞は会社をあげて国民に謝罪し、国会で国民に説明すべきである。また、これに乗った宮沢喜一首相(当時)、加藤紘一官房長官(当時)も同罪である。
 個人的に私、中津川も以前、朝日新聞の捏造記事の被害にあった。ただ翌朝、本人から全面謝罪の電話があった。その時は朝日の記者はよくもまあ取材もしてないのに嘘を書けるもんだと思ったが、そもそも朝日新聞は戦前は戦争を煽っていながら、戦後は反日記事や珊瑚礁捏造記事を書いたり、日本の国際的信用を失わせている恐ろしい新聞社である。