9/29 アメリカ頑張ってくれよ。日本も強くて、巧みな外交力を持ってくれ、ロシアと中国になめられないように。                      国連のシリアの化学兵器全廃決議も骨抜きかぁ・・・・

今回、国連査察団の調査でアサド政権は化学兵器所有を認め、また化学兵器を使用したのはアサド政権そのものであることが明らかになったのに、アサド政権は化学兵器撤去までの1年間の時間稼ぎと約1兆円の撤去費用を他国に要求している。とんでもないことだ。実に悪質だ。9/27の国連安保理でシリアが約束を守らなかったら軍事制裁を行うことになったが、その時はまた決議をするというロシアの巧妙な提案を受けざるを得なかったのは米国の威信失墜を露呈した。

米国の抑止力が弱まれば、北朝鮮の核兵器開発や、テロ活動を呼び込む懸念が一段と強まる。

 

思い起こせばロシア(当時ソ連)は米国が長崎に原爆投下した昭和20年8月9日に日ソ中立条約をスターリンが一方的に破棄し、対日参戦してきた。当時中立国であり、戦争終結の仲介を日本はソ連に依頼している時でもあった。しかしソ連はポツダム宣言受諾後も攻撃を続け、火事場泥棒的に北方領土を奪い今日に至っている。