7/25 今、渦中の菅直人氏について。

自らの処分問題が議題となった民主党常任幹事会を終え、党本部を後にする菅直人元首相=24日午後、東京・永田町の民主党本部(酒巻俊介撮影)

3年前の参院選で菅直人氏の消費税増税発言で、当時の民主党が大敗した責任を、私、中津川が両院議員総会で厳しく追求したことを懐かしくかつ鮮烈に思い出している。

 

3.11後しばらくたって、菅さんに「管さんは市民派で0から立ち上がり、総理大臣ににまで登りつめたのは、少年達に夢と希望を与えたよね」と立ち話をしたら、菅さんはそれに応えず、「これからはただひたすら反原発でやるよ」と熱心に言っていたのを思い出す。

だから、今回の党規を破ってまで、その姿勢を貫いたのは、菅さんらしいといえば実に菅さんらしい。

 

 菅さんと私中津川とは政治的立場は全く違うが、お互い、地盤・看板・カバンが全くないところからスタートして、苦労と挫折を繰り返しながら衆議院議員になった。私が国政を志して浪人していた時に菅さんがよく言う「あきらめない」の精神は私の心の支えとなり、台所の冷蔵庫に貼りつけて毎日見ていた。