8/10 中津川は、「断じて許さない。すぐにでも韓国に抗議活動に、のりこむ用意がある。」と述べた。                                   韓国 李明博大統領の竹島訪問報道を受けて、本会議終了後、直ちに、中津川が幹事である、超党派「国家主権と国益を守るために行動する議員連盟」が緊急記者会見

原口一博会長の隣に幹事の中津川ひろさと。

 

本日、李明博大統領が竹島に入る方向で準備を進めていることを受けて、超党派「国家主権と国益を守るために行動する議員連盟」(中津川 幹事)は、緊急記者会見を行った。

 

内容

・日本固有の領土である竹島を李明博大統領が訪問するなど、もっての他であり、これまでの友好努力を無にしかねない行為である。

・日本政府は、国家主権・領土の危機的な事態を受け、まずは大使を直ちに召喚して事情を聴取、適切な対処を講ずるよう求める。

 

何しろ李明博大統領が竹島訪問を強行することは、韓国の一国民が竹島を訪れることとは、全く性質が異なるものである。このような「暴挙」は、断じて行わないよう自制を強く求める。

他の意見として、防衛大臣の更迭等、強攻な意見も出た。

記者会見で中津川は、「すぐにでも韓国に、のりこんで、抗議をしてくる覚悟はできている。抗議活動を起こしたい。」と述べた。