6/8 丹羽駐中国大使を即、クビに(更迭)しろ。「日本は変わった国」「中国へのODAを続けるべき」など、日本の国益を無視した発言の連続。

 

丹羽宇一郎駐中国大使は、東京都による尖閣諸島購入を批判した。

世論調査では日本国民の95%が石原氏を支持していることに対し、「日本の国民感情はおかしい」と述べた。

丹羽氏は、対中ビジネスを重視してきた伊藤忠商事の社長経験者であり、中国べったり。外交官ではなく、商社マンである。これまでも国益を全く重視しない外交を続けてきた。即刻、丹羽大使を更迭しなければならない。丹羽氏を大使に任命した政府の責任も問われるであろう。