6/4 今やることは消費増税より、大胆な経済成長戦略を!!

日本の海外純資産は250兆円、外貨準備も100兆円、国全体の金融資産も5千600兆円、経営黒字も17兆円。これでどうして増税しなければいけないのか。政府は、日本は借金が1千兆円あるから増税すると言うが、実際日本は今、世界で一番豊かで安全な国だ。何ら悲観的になる必要はない。

日本は緊縮財政が10年以上続いている。なぜ自民党政権も、野田政権も、経済成長戦略を打ち出さなかったのか。

いま増税しても法人税、所得税は減収し、結局、税収は減収。つまりデフレ下の今、消費税を増税しても焼け石に水である。それより、いま必要なのは、財政出動、公共投資、新事業への積極的投資、強烈な金融緩和である。景気がよくなり日本中にお金が回れば、雇用問題も格差も解消され、社会保障も一気に解決できる。

 

地価、株価の上昇が何よりも重要だ。本日の日経平均、午前の終値は8,271円。(本日TOPIXは、リーマンショック後の安値を下回り、29年ぶりの水準)欧州危機の影響を受け、世界経済に翳りが出ている。日本は積極的な経済戦略を打ち出せばよい。

 

要するに、景気が悪ければ、お金をどんどん刷ればよいのだ。それだけの体力が日本にはある。

 

景気回復こそ、今、国民は求めている。与野党を超え、景気回復の重要性を認識している政治家たちと結集し、国の経済を立て直したい。