4/28 米国人(デヴィド・スネドン氏 当時24才)も北朝鮮に拉致されていたことが判明。これでアメリカも拉致問題に本腰を入れてくるか。。。

左から 曽我ひとみさん、デヴィド・スネドン氏の弟さん、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 代表 飯塚繁雄

 

 

久しぶりに拉致被害者の曽我ひとみさんの姿も見えた。

中井洽 元拉致問題担当大臣がスピーチをする中、会場からは「早く実行に移せ!」と野次。国民の怒りはピークに達していると思う。当然である。北朝鮮には更に圧力をかけ、表から、裏から、あらゆる外交手段を使って、拉致被害者全員の救出を必ず実現する。

 

 4/28「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」日比谷公会堂にて開催。

 

【決議】

  1. 北朝鮮は、全ての拉致被害者をいますぐ返せ。
  2. 政府は、今年を勝負の年として全勢力を傾けてすべての拉致被害者を早急に救出せよ。拉致問題を理由として送金停止と人の往来の停止を断行し、米国などに金融制裁の再発動を促せ。政府と関係地方自治体は、朝鮮学校への公的支援を止めよ。
  3. 政府は、特定失踪者など拉致の可能性のある事案の捜査・調査に全力を挙げ、寺越事件をはじめとする拉致が明確な事案の認定を急げ。
  4. 政府は、緊急時の拉致被害者救出計画を準備し、関係各国にも働きかけよ。

 

平成24428日 「国民大集会」参加者一同