12/20 金日成→金正日→金正恩。北朝鮮は どうなる?拉致問題は・・・?

金正日総書記の不可思議な死(他殺説も有)から3日目、後継者 金正恩は金正日の3つ下の妹 (

キム ギョンヒ)と、その夫 張成沢(チャン ソンテク)のアドバイスの下、中国のコントロールを受けながら、韓国と日本に対して軍事挑発をしてくるだろう。が、北朝鮮の経済は、もはやどん底のどん底で、兵士の餓死が頻発している。いわんや、北朝鮮人民の給料は月平均2千円で、卵10個買うと、もう何も残らないという状態。そこで金正恩(28歳)は、改革開放政策を取り、経済中心に舵を切る可能性もある。

拉致という国家犯罪を犯した父親を直ちに否定することはできないだろうが、日米からの援助を獲得することを得策だと考え、拉致問題が進展する可能性は大いにある。と私は見ている。