6/30 原発推進か非原発かで解散総選挙 ?

原発推進か非原発かで解散総選挙が囁かれるなか、「軽率」「不見識」「あの人ならやるかも」など様々な声が永田町を飛びかっている。そもそも福島第一原発事故以降、非原発は世界の潮流であり、多くの国民の声であり、解散総選挙の争点には全くならない。復興は途中であり、今選挙などして、これ以上国民に迷惑をかけてはいけない。だいたい辞意表明した首相が解散に触れるなど本当にどうかしている。