10/21 「ノーベル賞作家、劉暁波 氏を支援する会」開催

中津川と盟友の牧野聖修衆議院議員等と国会内で「劉暁波氏を支援する会」を開催。劉霞(劉暁波夫人)さんからのメッセージが紹介され、決議文を採択。

 

【劉暁波 氏の釈放と中国の民主化を求める決議】

 

中国の著名な著作家で、現在獄中にある民主活動家・劉暁波氏に、本年度のノーベル平和賞が与えられることになった。劉氏に心よりのお祝いを申し上げる。また同時に、今回の決定をなしたノルウェー・ノーベル賞委員会に対し、敬意を表するものである。我々は、劉氏をはじめとする中国の民主活動家たちが置かれている厳しい実態を直視し、同国で人権が確保され民主化が促進することを切望する。ノーベル委員会も指摘するように、劉氏は非暴力的手段で、基本的人権の確立のために活動を続けてきた。氏が起草の中心を担い、現在1万人以上の人々が署名しているという「08憲章」は、その平和的な活動のひとつである。このような平和的な活動を理由として彼を投獄し続けることは、中国政府自身が署名した国際人権(自由権)規約からみても許されるものではない。ここに、劉氏の即刻釈放と、軟禁状態に置かれている彼の妻・劉霞氏の解放を要望するとともに、ほかにも数多く中国の獄中にいる民主活動家・人権活動家たちについても釈放し、言論をはじめとする平和的な活動の自由を保障するよう、中国政府に強く求めるものである。

 

「劉暁波 氏を支援する会」 参加者一同

 

 

劉暁波を支援するために、お集まりくださった日本の国会議員の皆様へ

 

皆様、こんにちは。日本の国会議員の皆様が、劉暁波の支援のために、お集まりくださると聞き大変感動いたしております。9月には声明を発表し、日本の各界が劉暁波にノーベル平和賞が与えられるよう支援するよう呼びかけ、また中国政府に劉を釈放するよう求めてくださったことは、私にも伝わっております。さらには、108日にノルウェー・ノーベル委員会が本年度のノーベル平和賞を劉に授与すると発表したことを受けて、直ちに皆様が祝意を表してくださったことも知っております。ここに感謝申し上げます。皆様方のご好意は、獄中にある劉にとって大きな励ましになることと信じております。皆様方の劉に対する祝賀と支援のご意向は、劉に対するご関心の表れというだけでなく、中国の良心の囚人、中国の人権問題、世界の平和に対するご関心の表れであると受け取っております。劉暁波の妻として、皆様方に謹んで深い敬意を表します。

劉 霞