8/15 65回目終戦記念日 中津川代議士は靖国神社本殿に参拝

本殿参拝後の中津川
本殿参拝後の中津川

先の大戦で亡くなられた多くの方々に哀悼の誠を捧げ心より平和を祈ります。

今私達が享受している平和と繁栄は、戦禍に倒れた多くの方々の尊い犠牲の上にあることを決して忘れません。中津川代議士は、「戦没者に敬意と感謝を捧げる事は、党派・イデオロギーを超えたものだと思います」と語る。

 

〝全閣僚、靖国に参拝せず 副大臣、政務官もゼロ〟 

全閣僚が出席しないのは、昭和60年以降初めてで、これは、菅首相、仙谷官房長官の方針で決めたのかどうか、民主党所属の国会議員にはもちろん、国民にきちんと説明すべきだと思います。野田佳彦財務相は、平成17年10月に出した質問主意書で、「すべての『戦犯』の名誉は法的に回復されている。『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。戦争犯罪人が合祀されていることを理由に首相の参拝に反対する論理はすでに破綻している」と主張しているのだが・・・

超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は41名参加。(民主 11人、自民 20人、たちあがれ日本 2人、みんなの党 1人)