日本の安全と繁栄のために…

( 神韻芸術団の日本公演を鑑賞後、取材を受ける中津川)

3/7()12時~小岩にて日本媽祖朝天宮の新年会に出席、媽祖とは、海上安全の他に、豊作、大漁など、さまざまな御利益があると伝えられ、第二次世界大戦までは日本各地でも人々から広く信仰されていました。次に五反田に移動し神韻芸術団日本公演を鑑賞しました。色彩、表現力においてすぐれ、中国五千年の真の伝統芸術の復興にかける思いが伝わってくる古典舞踊と音楽でした。鑑賞を終えて市ヶ谷に移動し、「台湾独立建国聯盟日本本部50周年記念会」に出席しました。出席者は、これまで台湾の民主化を強力に推進してきた方々で、皆さんと接し、中津川も台湾にかける熱い思いをさらに募らせてまいりました。なぜなら台湾の政情が日本の安全と繁栄に直結するからです。